セキひふ科クリニック(関 太輔)

予約専用ダイアル
美肌倶楽部 Yoga Life Science
Top >  院長ブログ  >  大人のニキビ

大人のニキビ

一昔前には、ニキビは青春のシンボルといわれていたように、ニキビは若い人にできるものというイメージがありましたが、最近では20代半ばから30代半ばにかけての大人でも、ニキビで悩んでいる方が増えてきています。

大きな違いはニキビのできる部位です。若者のニキビはおでこや鼻の周りといった皮脂の分泌の多い、いわゆるTゾーンにできることが多いのですが、大人のニキビは口の周りやアゴから首にかけてのUゾーンと呼ばれる、あまり皮脂の分泌が多くない部位にできます。

では一体なぜ最近大人のニキビが増えてきているのでしょうか?

大人のニキビが増えてきている要因は生活環境の変化だと思われます。大人のニキビで来院される方のお話を伺うと、タバコ、化粧、職場環境、食生活、睡眠など、生活に密着した要素が複雑に絡んでいるようです。

キャリアウーマンと呼ばれる方々は仕事中心の生活をされている方が多く、朝お化粧をして出勤し、夜遅くに帰宅します。つまり一日の半分近くをファンデーションで覆っていることになります。ファンデーションが毛穴を塞ぎ、毛穴の奥で皮脂が固まってニキビができやすい状態になります。職場のエアコンによる肌の乾燥にも注意が必要です。角質層の乾燥が進むと、それに対抗して角質の増生が高まり、毛穴を塞ぎやすくなる研究結果があります。仕事のお付き合いや、人間関係の憂さ晴らしに仕事帰りにお酒を飲む機会も増えます。当然食事のバランスも崩れますし、睡眠時間が削られることも多くなります。飲んで帰って、化粧を落とさずに寝てしまっては最悪です。喫煙に伴う活性酸素の発生もニキビの炎症を増悪させる要因の一つです。

ニキビの一般的な治療としては、抗生物質の内服や外用、硫黄を含むローションの外用、漢方薬の内服などがあります。しかし大人のニキビの場合は、これらの治療のみでは不十分な場合が多いようです。

当院ではそのような方に、皮膚から直接吸収されて活性酸素の害からお肌をまもり、毛穴の閉塞を防ぐビタミンA、C、Eなどを高濃度に配合した治療用のオリジナル基礎化粧品をご用意しております。その他に、毛穴に負担をかけないメーク用の化粧もご用意しております。こまめに肌の保湿を心がけることも大切です。コンビニ弁当や外食で昼食を済ませるときには缶コーヒーや缶ジュースの代わりに野菜ジュースを摂るなどの工夫も必要です。皮膚は夜10時頃から深夜2時頃にかけて新陳代謝が活発になることが報告されていますので、残業や夜のお付き合いをほどほどにすることも大切です。大人のニキビでお悩みの方はもう一度ご自分の生活スタイルを見直してください。きっと快方に向かうことでしょう。

ニキビ・ニキビ跡にお困りの方、ぜひ一度ご来院ください。


Copyright(c) セキひふ科クリニック, All Rights Reserved.