セキひふ科クリニック(関 太輔)

予約専用ダイアル
美肌倶楽部 Yoga Life Science
Top >  院長ブログ  >  お節料理

お節料理



 年末になると、老舗料亭やレストランのお節料理の広告を目にする機会が増えます。
お節料理の風習は弥生時代からあったようです。当時の人々は、四季折々の収穫物や
神への感謝の意味を込めて、季節の節目ごとに収穫物を神に供えていました。これを
「節供」と呼び、供えたものを料理して自然の恵みに感謝して食べる料理は「節供料
理」と呼ばれ、これがお節料理の始まりと言われています。

 中国文化の影響を受けながら、平安時代には邪気払いや不老長寿の祈願行事として、
宮中で「節会」が開かれるようになりました。この節会は陰暦の正月七日(人日)、
三月三日(上日)、五月五日(端午)、七月七日(七夕)、九月九日(重陽)に開かれ、
五節句として祝膳を神に供えました。その後徐々に民間でもその慣わしが広まり、供え
物をするというよりも季節の催しとして行われるようになり、特にお正月は新しい年を
迎える代表的な節であることから、いつの間にかお正月の料理のみを「お節料理」と呼
ぶようになったようです。

 代表的なお節料理に「黒豆」があります。中国では黒は邪気を払い不老長寿をもたら
す色とされ、その由来から黒は健康を表し、マメに暮らせるようにという語呂合わせの
意味を含めて作られます。ニシンは古語で「かど」とも言われ、数の子はニシンの子な
ので、カドの子が訛って「数の子」となったもので、子孫繁栄の縁起言葉から正月料理
の祝肴となったようです。「田作り」はカタクチイワシの稚魚を素干しにしたもので、
小さくても尾頭付きで、昔は田植えをするときに乾燥したイワシを肥料にし、田を作る
には大切な魚であったことから、正月に用意する縁起の良い料理で、豊年、健全、家内
安全の祈りを込めた料理です。昆布は「養老昆布」と書いて「よろこぶ」と読ませ、不
老長寿とお祝いの縁起物として広く用いられてきています。「栗きんとん」は黄金の塊
を意味し、商売繁盛、金運をもたらす縁起の良い食べ物とされています。

 皆様良いお年をお迎え下さい。

Copyright(c) セキひふ科クリニック, All Rights Reserved.