セキひふ科クリニック(関 太輔)

予約専用ダイアル
美肌倶楽部 Yoga Life Science
Top >  院長ブログ  >  酒粕の効用

酒粕の効用

私の趣味の一つに酒蔵巡りがあります。旅先では試飲や見学をさせて頂ける酒蔵を訪問するのが楽しみです。昨年は、灘、伏見と並び評される安芸西条を訪れました。小さな町に8軒の酒蔵があり、それぞれの蔵に仕込み水が湧き出ていて、さすが名醸地と感心しました。

 日本酒は酒米を発酵させたもろみを搾って作りますので、当然しぼりかすが残ります。そのしぼりかすが酒粕です。酒粕には麹菌、酵母菌が生産したビタミンB1、B2、アミノ酸などが豊富に含まれています。また、酒粕には微生物が産生した100種類以上の酵素が含まれています。ほとんどの日本酒は、品質や味を安定させるために「火入れ」という行程で発酵を止めますが、酒粕に火入れを行うことはまずありません。そのため、酒粕に含まれている麹菌や酵母菌、酵素などはそのまま生きています。

 酵素は消化器官の働きを助け、また酒粕に含まれる繊維成分は腸内の余分な残留物を吸着して排出し、腸内環境を整えます。腸と肌には密接な関係があり、腸内環境が整うことによって肌質の改善も見込まれます。さらに、酒粕にはシミの原因になるメラニン色素を抑える成分も含まれていて、シミ予防にも効果的です。

 ビタミンには様々な効果がありますが、ビタミンB1には精神を落ち着かせる作用があり、ビタミンB2には目の疲労回復作用がありますので、酒粕で癒し効果が期待されます。また、酒粕には糖尿病、高血圧、肥満、骨粗しょう症などといった現代病を予防する効果があることも報告されています。

 酒粕の利用方法として、ポピュラーなものは甘酒でしょう。ハチミツやショウガ、レモンなどで好みの味に仕上げて楽しむことができます。私の一押しは、電子レンジで軽く加熱して、黒砂糖をまぶして食べる方法です。食後のデザートやおやつに試してみて下さい。

 1~2月は新酒のシーズンで、フレッシュな酒粕が出回ります。ぜひ一度試してみて下さい。

Copyright(c) セキひふ科クリニック, All Rights Reserved.