(株)美肌倶楽部(関 太輔)


TOP > 美容健康コラム

美容健康コラム

> > 院長の活動歴はこちら

2017/10/07 蕎麦湯も飲もう!
  秋の新蕎麦の季節がやってきました。古くから食用されてきた蕎麦は、日本の食文化として定着し、現代では切れやすい性質や長く伸びた形状から「前年の厄を断ち切り、長寿を願う」"年越し蕎麦"として、あるいは…(続きを読む)
2017/07/24 夏は苦味を楽しもう
子供は苦いものが嫌いですが、大人になると苦いものを美味しく感じるようになります。苦いものを繰り返し口にしていると、苦みを美味しく感じるようになることが知られていて、珈琲を美味しく感じるのは20歳前後と…(続きを読む)
2017/04/11 紫アスパラガス
 アスパラガスはユリ科に属しており、春から初夏が旬の野菜です。私も畑で栽培していますが、1日で数センチも伸びる、いかにも元気が出そうな野菜です。 アスパラガスに含まれている主な栄養素はアスパラギン酸、…(続きを読む)
2017/03/11 山菜の健康効果
  山菜の美味しい季節がやってきました。春の喜びを表した光孝天皇の歌に「君がため 春の野にいでて若菜つむ わが衣手に雪はふりつつ」があります。野菜の栽培技術が今ほど進んでいなかった平安時代には、芽吹い…(続きを読む)
2017/01/25 酒粕の効用
私の趣味の一つに酒蔵巡りがあります。旅先では試飲や見学をさせて頂ける酒蔵を訪問するのが楽しみです。昨年は、灘、伏見と並び評される安芸西条を訪れました。小さな町に8軒の酒蔵があり、それぞれの蔵に仕込み水…(続きを読む)
2017/01/06 パワースポット
お正月に、初詣で神社を訪れる方は多いと思います。最近は「パワースポット」という言葉がよく使われ、その代表が神社ではないでしょうか。伊勢神宮のような大きな神社だけでなく、村の小…(続きを読む)
2016/09/03 温泉の美肌効果
 秋風が吹き始めると恋しくなるものの一つが温泉ではないでしょうか。日本には2,000 を越す温泉があり、古来より人々は天然の温泉を種々の目的に利用してきました。その中で特定の温泉が特定の症状、あるいは…(続きを読む)
2016/07/04 朝レモンでシャキっと!
暑さが増してくると、十分な睡眠がとれなくて、朝の目覚めが悪いという方も少なくありません。そんな方にお勧めなのが"朝レモン"です。レモンの香り成分である"リモネン"には、交感神経の…(続きを読む)
2016/05/18 シイタケ皮膚炎
天候が良くなり、屋外でのバーベキューが美味しい季節になってきました。この頃になると増えてくるのが「シイタケ皮膚炎」です。直江津で皮膚科を開業している中村雄彦(なかむらたけひこ)先…(続きを読む)
2016/02/26 タケノコでやる気up!
タケノコが出回るシーズンになってきました。タケノコを茹でると、節の部分に「白いカス」のような物質が付着しているのに気付いていますか?その白い物質はチロシンというアミノ酸が結晶…(続きを読む)
2016/01/25 「歯磨き」でインフルエンザ予防?
インフルエンザが流行り始めています。インフルエンザの予防としては「手洗い」や「うがい」が良く知られていますが、東京歯科大学の研究によると、歯磨きも重要な予防法のようです。口腔内の歯周病菌とインフルエン…(続きを読む)
2015/08/18 梅干しと生活習慣病
 梅干しには高血圧、糖尿病、骨粗鬆症などを予防したり改善したりする成分が含まれていることが明らかにされてきています。血圧の上昇にはアンギオテンシンⅡというホルモンが関与していますが、梅干しに含まれる梅…(続きを読む)
2015/08/13 梅干しとピロリ菌
 胃の中は胃酸が分泌されるため酸性度が非常に高く、一般の細菌は棲息できないのですが、ヘリコバクター・ピロリ(以下ピロリ 菌)という菌は、胃粘膜の中の尿素からアルカリ性のアンモニアを作り、胃酸を中和して…(続きを読む)
2015/08/05 梅干しで夏バテ対策
 学会や講演会などで各地のホテルに宿泊することがありますが、和歌山のホテルを利用させて頂いた時の朝食会場は印象的でした。ビュフェスタイルのレストランの一角に設けられた梅干しコーナーには、「梅の大きさ」…(続きを読む)
2014/11/17 睡眠不足と肌荒れ
 睡眠不足で肌が荒れるという経験をされた方は多いと思います。最近のポーラの研究で、その理由が解明されました。  6時間睡眠と3時間睡眠の翌朝の肌の状態を比較したところ、3時間睡眠の肌は6時間睡眠の肌と…(続きを読む)
2013/10/28 子供を受動喫煙から守りましょう
 喫煙者を親に持つ子供は、常に間接喫煙の危険にさらされていることが明らかにされています。英国レスター大学・小児健康学部の研究では、両親ともに喫煙する家庭の子供では、そうでない家庭の子供の5倍以上のニコ…(続きを読む)
2013/07/27 蚊のシーズンに気をつけること
  私が大学に在籍していた時の実験では、蚊が人に近づく要素として、体温、色、二酸化炭素などが確認されています。お酒を飲んだ後は体温が上がり、呼気中の二酸化炭素も増えているので、普段より刺され…(続きを読む)
2013/07/01 喫煙がもたらす味覚障害
  受動喫煙防止がなかなか進んでいません。私はタバコに含まれる有害物質に対する過敏症があるために、レストランなどの飲食店を利用する際には、禁煙もしくは完全分煙のお店しか利用しません。同一空間で、名前だ…(続きを読む)
2013/06/25 残留塩素による 肌への影響と浄水入力
皮膚疾患に対する残留塩素の影響を調べた学会発表 米国研究皮膚学会(1996) 日本アレルギー学科(1997) 日本小…(続きを読む)
2013/05/15 玄米スープの作り方
私が毎朝飲んでいる玄米スープのレシピをご紹介します。作っているのは私の家内です。 リセットエイド-i-バランスと一緒に飲んでいます。 このレシピは、私と家内が尊敬する辰巳芳子さんの「いのちのスープ」を…(続きを読む)
2012/12/28 お節料理
 年末になると、老舗料亭やレストランのお節料理の広告を目にする機会が増えます。お節料理の風習は弥生時代からあったようです。当時の人々は、四季折々の収穫物や神への感謝の意味を込めて、季節の節目ごとに収穫…(続きを読む)
2012/10/09 リンゴの季節
連休を利用して、信州を旅行してきました。道路わきにはリンゴがたわわに実り、秋の訪れを感じました。道の駅の売店で「アルプス乙女」というかわいいリンゴを見つけ、一目惚れをして購入しました。 日本…(続きを読む)
2012/07/31 夏の暑さを楽しもう!
私は10~12歳の3年間、夏になると約1ヶ月間叔父の家で夏休みを過ごしました。 昭和40年頃の話ですので、まだ個人でエアコンを持つ家は少なかった時代です。 叔父の家は当時としては珍しく全室24時間冷…(続きを読む)
2010/06/23 家庭用浄水器の皮膚に対する効果
関 太輔ほか 日本小児皮膚学会(1998) 私たちは既に浴水中の遊離残留塩素が皮膚の乾燥を助長し、その濃度が健常人では、2mg/リットル以上、アトピー性皮膚患者では、0.5m…(続きを読む)
2010/04/21 「治る力」を引き出すサプリメント!
クスリ無しでアレルギーを克服してみませんか? 私は中学校を3回転校しました。 千葉県で1年生、鳥取県で2年生、埼玉県で3年生を過ごしました。 転校するごとに、勉強の進み具合が異なり、成績は下がり、鳥…(続きを読む)
2010/02/11 水素水の効用
活性酸素を消去 現代社会では、紫外線や食品添加物、ストレスや不規則な生活など、体内に活性酸素を生み出す要素がたくさんあります。それらの害を最小限に防ぐには、それらが発生する活性酸素を消去してやればよい…(続きを読む)
2010/02/11 リセット美容法(スパスパ人間学で紹介された"肌断食美容法")
不規則な生活やストレスなどで、現代人の肌は代謝が乱れがちです。乱れたままで、美白やシワとりなどの手入れをしてもなかなかうまくいきません。一度リセットしなおすべきです。肌をリセットするには、少なくとも1…(続きを読む)
2010/02/11 ニガリ健康法 現代人は慢性のミネラル不足
天然塩を使用しない調理、効率追及の農業の普及、インスタント食品の摂り過ぎなどによるミネラルの摂取不足、ストレス社会がもたらす体内からのミネラルの喪失などで現代人の多くは慢性のミネラル不足に陥っていま…(続きを読む)
2010/02/11 コンブパワーで美肌に!
海藻類は、日本ではコンブやワカメなど、食用としてなじみが深いものですが、欧米諸国では、美白、保湿、痩身などの美容効果があることから、古くから海洋治療(タラソテラピー)と呼ばれ、外用剤として用いられてき…(続きを読む)
2010/02/11 ムダ毛
まだ十分な衣服のなかった原始時代には体毛は寒さから身を守る大切なものでした。 人類の進化とともに体毛は徐々に減少し、今では頭部と腋の下、陰部などごく限られた部位にしか長くて太い毛は生えていません。頭髪…(続きを読む)
2010/02/11 ケミカルピーリングって何?
ニキビ、ニキビ跡、シミ、クスミ、シワなどの治療法として最近注目を集めているのがケミカルピーリングです。天然の酸などの力を借りて余分な角質をはがれやすくして、すべすべした柔らかい、張りのある肌をよみがえ…(続きを読む)
2010/02/11 ホクロ
ホクロのない人はいないほど、誰にでも一つや二つあるのがホクロです。ホクロとは一体何でしょう?ホクロは母斑細胞とよばれる細胞が皮膚で増殖したものです。母斑細胞とは、赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいるとき…(続きを読む)
2010/02/11 大人のニキビ
一昔前には、ニキビは青春のシンボルといわれていたように、ニキビは若い人にできるものというイメージがありましたが、最近では20代半ばから30代半ばにかけての大人でも、ニキビで悩んでいる方が増えてきていま…(続きを読む)
2010/02/11 皮膚と活性酸素----抗酸化ビタミンによる美肌作り
最近、活性酸素という言葉を耳にする機会が多いと思います。活性酸素は「酸素に由来する、他の物質をきわめて酸化させやすい物質」と定義されています。すなわち活性酸素とは非常に攻撃性の高い酸素のことで、身体に…(続きを読む)

> > 院長の活動歴はこちら


| 会社案内 | 特定商取引法に基づく表記 | セキひふ科クリニック | Yoga Life Science Institute |
Copyright(c). 美肌倶楽部, All Rights Reserved.