セキひふ科クリニック(関 太輔)

予約専用ダイアル
美肌倶楽部 Yoga Life Science
Top > クリニックのご案内

ニキビに関するもの

論文・著書

  1. にきびに対する漢方治療:関 太輔;Medical ASAHI 30(9), 81-82, 2001.
  2. 実験的面疱の形成におけるオロナインH軟膏の抑制効果の検討:山腰高子、牧野輝彦、松永憲治、吉久陽子、関 太輔、林義人、清水忠道:新薬と臨床59巻2号114-120, 2010.
  3. 中等症のざ瘡治療におけるアダパレンゲル0.1%とナジフロキサシンクリーム1%の併用効果:関 太輔:臨床医薬28巻、6号、473-480、2012.
  4. Efficacy of chlorhexidine gluconate ointment (Oronine HR) for experimentally-inducedcomedones :Takako Yamakoshi, Teruhiko Makino, Kenji Matsunaga, Yoko Yoshihisa,Mati Ur Rehman, Taisuke Seki, Yoshito Hayashi, Tadamichi Shimizu; Clinical,Cosmetic and Investigational Dermatology 2012: 5, 79-83

学会発表・講演

  1. Effect of Coptis Rhizome and its Fractions on the Lipogenesis of Organ Cultured Sebaceous Glands of Hamster Pinna. :  Seki T., Morohashi M., Shindoh K., and Yamamoto T.:  20th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology,1995, September, Okayama.
  2. 脂腺機能亢進ハムスターに対する塩化ベルベリンの作用:進藤和也,山本武司,関 太輔,諸橋正昭: 第14回和漢医薬学会大会 1997年8月、大阪
  3. Effect of Coptis Rhizome and berberine on androgen stimulated sebaceous glands of hamster pinna. Satellite symposium: Sebaceous gland, sebocyte and infundibulum cultures: Models for acne and sebaceous gland research. : Seki T., Shindoh K., Toyoda M., and Morohashi M.: International Investigative Dermatology 1998. (Cologne, Germany, 1998)
  4. Toyoda M., Seki T., and Morohashi M.: Ultrastructural study of effects of neuropeptides on the sebaceous gland in organ cultured skin. Satellite symposium: Sebaceous gland, sebocyte and infundibulum cultures: Models for acne and sebaceous gland research. International Investigative Dermatology 1998. (Cologne, Germany, 1998)
  5. Effects of Coptis Rhizome on Androgen Stimulated Sebaceous Glands of Hamster Pinna: Seki T. and Morohashi M.: The Second International Symposium on Natural Medicine and Microflora (1998, 10, Tokyo, Japan)
  6. Animal models in development of drugs for acne treatment.:Seki T. and Morohashi M.;The 14th annual meeting of the Korean association for laboratory animal science;1998, 4,(Seoul, Korea)
  7. 成人の座瘡(ニキビ)に対するフランス海岸松抽出物(ピクノジェノール)の効果:関 太輔;.日本アロマセラピー学会第6回学術総会、2003年11月(東京)
  8. 若年女性におけるエクオール産生能と尋常性痤瘡(ニキビ)および肌水分量との関連性に関する調査研究:上野友美、小野田敦子、阿比留康弘、内山成人、関 太輔;第19回日本疫学会学術総会、2009年1月(金沢)
  9. 中等症のざ瘡治療におけるアダパレンゲル0.1%とナジフロキサシンクリーム1%の併用効果:関 太輔(セキひふ科クリニック);第109回日本皮膚科会学総会2010年4月17日(大阪)
  10. ニキビ治療のブレークスルー、ディフェリンゲル:私はこう使いこなし、日常診療に積極的に取り入れている:関 太輔(セキひふ科クリニック)第26回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会 2010年5月30日(東京)
  11. ニキビ治療のブレークスルー、ディフェリンゲル:私はこう使いこなし、日常診療に積極的に取り入れている:関 太輔(セキひふ科クリニック)第74回日本皮膚科学会東部支部学術大会 11月20日(江陽グランドホテル仙台)
  12. ざ瘡に対する東西融合医学の実践:関 太輔;第111回日本皮膚科学会総会・教育講演2012年6月2日(京都)

Copyright(c) セキひふ科クリニック, All Rights Reserved.