セキひふ科クリニック(関 太輔)

予約専用ダイアル
美肌倶楽部 Yoga Life Science
Top > クリニックのご案内

入浴・温泉に関するもの

論文・著書

  1. アトピ-性皮膚炎における漢方生薬入浴剤の効果:関 太輔,井田 充,豊田雅彦,諸橋正昭;日本東洋医学雑誌,45(1): 78-81, 1994.
  2. アトピ-性皮膚炎に対する浴用剤の動向:関 太輔,諸橋正昭;Fragrance Journal,22(5):72-77,1994.
  3. 乾燥性皮膚疾患に対する生薬入浴剤バスハ-ブの有効性・安全性の検討:関 太輔、諸橋正昭;FRAGRANCE JOURNAL, 23(9):78-84, 1995.
  4. アトピー性皮膚炎に対するDHA配合洗浄剤の効果:関 太輔,諸橋正昭;皮膚科紀要,91(1):125-128, 1996.
  5. 浴用剤とスキンケア(1).入浴の生理学.:関 太輔、諸橋正昭;Fragrance Journal, 24(10):107-109, 1996.
  6. 浴用剤とスキンケア(2).入浴の生理学.:関 太輔、諸橋正昭;Fragrance Journal, 24(11): 92-94, 1996.
  7. アトピー性皮膚炎の漢方生薬入浴療法.「皮膚科アレルギー相談室 Q&A」:関 太輔;アレルギーの臨床,16(2):147, 1996.
  8. 浴用剤とスキンケア(3).入浴の生理学:関 太輔、諸橋正昭; Fragrance Journal, 25(1):80-86, 1997.
  9. 浴用剤とスキンケア(4).入浴の生理学:関 太輔、諸橋正昭;Fragrance Journal, 25(2): 73-75, 1997.
  10. アトピー性皮膚炎患者に対する漢方入浴剤の効果:豊田雅彦,関 太輔,諸橋正昭;東洋医学,28(9):36-39,2000.
  11. 「皮膚と香粧品」Monthly Dermatol. No. 40 芋川玄爾編:入浴剤の種類とその皮膚科学的効用:関太輔,諸橋正昭;97-102,全日本病院出版会,2000年
  12. 入浴の生理学:関 太輔;アロマトピア vol.11, No.5, 4-8, 2002.
  13. Free Residual Chlorine in Bathing Water Reduces the Water-Holding Capacity of the Stratum Corneum in Atopic Skin.:Taisuke Seki, Susumu Morimatsu, Hudefumi Nagahori and Masaaki Morohashi;The Journal of Dermatology, Vol.30:No.4, 196-202, 2003
  14. アトピー性皮膚炎に対する入浴剤の効果:関 太輔:フレグランスジャーナル31巻(6)、48-53, 2003.
  15. 「新温泉医学」日本温泉気候物理医学会編:温泉入浴と皮膚機能:関 太輔;P225-229、(日本温泉気候物理医学会)2004年(5月20日初版)
  16. 「海洋深層水利用学(基礎から応用・実践まで)」藤田大介・高橋正征編著:アトピー性皮膚炎などに対する治療・化粧品・入浴剤:関 太輔;152-155、2006年(成山堂書店)
  17. ポリクオタニウム-10とその他の保湿成分を含む液体入浴剤の連日使用による皮膚保湿効果:熊谷淳子,北口明宏,関太輔,1) アース製薬株式会社研究部,2) セキひふ科クリニック
    日本温泉気候物理医学会誌 281-285、76巻 4号、2013年

学会発表・講演

  1. アトピー性皮膚炎患者の角層水分保持能に対する漢方入浴療法の検討:関 太輔、豊田雅彦、諸橋正昭;第16回日本小児皮膚科学会学術大会 1992年5月(東京)
  2. 乾癬に対するDHA(ドコサヘキサエン酸)含有石鹸の使用経験:関 太輔、井田 充、豊田雅彦、諸橋正昭;第7回日本乾癬学会 1992年8月(札幌)
  3. アトピー性皮膚炎に対する漢方生薬入浴剤の効果(その1)-角層水分量に対する効果-:関 太輔、豊田雅彦、諸橋正昭;第9回和漢医薬学会学術大会 1992年8月(東京)
  4. アトピー性皮膚炎に対する漢方生薬入浴剤の効果(その2)-臨床的検討-:豊田雅彦、関 太輔、諸橋正昭;第9回和漢医薬学会学術大会 1992年8月(東京)
  5. アトピー性皮膚炎患者に対する甘草抽出エキス配合入浴剤の使用経験:関 太輔、豊田雅彦、諸橋正昭;第42回日本アレルギー学会学術大会 1992年10月(仙台)
  6. シンポジウム「アトピー性皮膚炎と漢方」-アトピー性皮膚炎患者の治療における漢方薬入浴剤の効果-:関 太輔;第44回日本東洋医学会学術大会 1993年6月(仙台)
  7. アトピー性皮膚炎患者の治療に対する各種浴用剤の併用効果:井田 充、関 太輔、小沼博義、豊田雅彦、諸橋正昭;第23回日本皮膚アレルギー学会学術大会 1993年7月(京都)
  8. The effect of DI-Haung and DANG-GUI bath therapy on atopic skin -An evaluation of the hydration and the water-holding capacity -: Ida M., Seki T., and Morohashi M.:The Fourth China-Japan Joint Meeting of Dermatology, September, Chengdu, 1994.
  9. 乾癬に対する黄連を用いた外用および入浴療法の効果:関 太輔、井田 充、森松 進、諸橋正昭;第10回日本乾癬学会学術大会,1995年9月(萩)
  10. 乾癬に対する黄連含有軟膏および黄連入浴療法の併用効果.:関 太輔,諸橋正昭;第47回日本東洋医学会学術大会,1996年6月(横浜)
  11. Bath Therapy in Dermatology. :Seki T. :Seminar at University of California, Barkley (1997, Feb)
  12. Free residual chlorine in bating water decreased stratum corneum Water-holding capacity of atopic skin. :Seki T. and Morohashi M.;The 1997 annual meeting Society for Investigative Dermatology, Apr. 23-27, 1997 (Washington, DC, USA)
  13. アトピー性皮膚炎患者の皮膚保湿機能に対する浴水中の残留塩素の作用:関太輔、森松 進、長堀英史;第22回日本小児皮膚科学会、1998年6月(東京)
  14. アトピー性皮膚炎患者の皮膚保湿機能におよぼす脱塩素浄水器の効果:関太輔、森松 進、長堀英史、諸橋正昭;第28回日本皮膚アレルギー学会、1998年7月(広島)
  15. アトピー性皮膚炎患者の皮膚保湿機能におよぼす浴水中の遊離残留塩素の作用:関太輔:浄水器協議会・浄水シャワー分科会「第1回勉強会」1999年4月(大阪)
  16. Harmful effect of free residual chlorine(FRC) in bathing water on skin and scavenging effect of herb extracts on FRC.:Taisuke Seki, Kouji Sekiya, and Masaaki Morohashi ; International forum on traditional medicine , Oct. 16-17,1999(Toyama, Japan)
  17. 酸素濃度30%含有空気の微細気泡浴による保湿効果の検討:岡田 直樹、仲野章生・小川麻子、安井圭子、関 太輔;第70回日本温泉気候物理医学会2005年5月(宇奈月)
  18. ビオファンゴR(温泉泥)療法の温熱効果(その1)杉森賢司、大和田瑞乃、関 太輔、東邦大学医学部、㈱アセンダント、セキひふ科クリニック、富山大学大学院医学薬学研究部;第76回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会 2011年5月13-14日(霧島みやまコンセール)
  19. ビオファンゴR(温泉泥)療法の温熱効果 (その2)関 太輔、セキひふ科クリニック、東邦大学医学部・生物学研究室、㈱アセンダント;第77回日本温泉気候物理医学会・学術集会 2012年6月8-9日(秋田)
  20. 長期・継続的な海洋深層水運動浴によるメタボリック症候群対策と皮膚状態の改善への利用の検討新村 哲夫、田中朋子、金木潤、山腰高子、松永憲治、清水忠道、関 太輔、小林俊哉、立瀬剛志、鏡森定信;第77回日本温泉気候物理医学会・学術集会 2012年6月8-9日(秋田)
  21. ポリクオタニウム-10を含む液体入浴剤の連日使用による皮膚保湿効果:熊谷淳子,北口明宏,関太輔,1) アース製薬株式会社研究部,2) セキひふ科クリニック
    第78回日本温泉気候物理医学会学術集会 2013年5月23日(大分)
  22. ポリクオタニウム-10(PQ-10)を含む液体入浴剤の連日使用による痒み抑制効果:山口正栄,北口明宏,関太輔,1) アース製薬株式会社研究部,2) セキひふ科クリニック
    第64回日本皮膚科学会中部支部学術大会,2013年11月(名古屋)

Copyright(c) セキひふ科クリニック, All Rights Reserved.